2017年6月から無職です。

森内美実 (旧ペンネーム:浅井つくえ)

覚悟を決める数ヶ月前から、私の周りで起きたことや体の変化を書いておきます。

浅井つくえです。

 

 

断りました。

とある会社の一次面接を。

 

 

一応、転職活動もしていたので、

今日、仕事の後に、行く予定だったのですが、

断りました。

 

腹が決まってきました。

ゆっくり、時間を感じながら、

でも、確実に進んでいます。広がっています。

 

 

ここ最近は、出勤前のいつものスタバで、

「ほうじ茶のストレート」を頼んでいます。

 

ほうじ茶のティーパックに、お茶を注ぐだけ(であろう)の

商品です。すぐ出てくるし、何よりシンプルで、暖かい。笑

 

 

さて、

会社を辞めようかな、と具体的に思い始めた今年2017年の3月頃から

私の体にどんな変化があったのか、書いておきます。

 

たしか、前職を辞めるときも、同じような流れで体の変化があった気がします。

 

 

まず第一に、「めまい」が始まります。

単に、激務で寝不足だったから、かもしれませんが。笑

 

オフィスを歩いているときに、ふわふわと、体が上下しているような

感覚がして、歩くのが怖くなります。

 

(ちなみに、さらにしばらく前から私は「下り階段恐怖症」です。笑)

 

 

そして、第二に、「お腹がゆるく」なります。

仕事中に、トイレに行く回数が明らかに増えます。笑

サボっているわけではありません。

そして、それと並行して、あまり物を食べなくなります。

食欲がない、というよりも、物を必要としなくなる、っていう感覚です。

 

そして、第三に、「息が苦しく」なります。

多分、ちょっとした過呼吸です。笑

呼吸を意識するようになってしまって、

吸うと吐くのバランスが崩れて、苦しくなり、頭がぼーっとします。

 

ここまできて、ようやく

命の危機を感じるわけですよ。

 

ああ、これ、違うんだなあ、って。

 

これが、体の変化でした。

あとは、いろんなものをリセットすることが起き始めます。

 

 

例えば、時計の電池が止まったり、

昨日も書きましたが、通帳が無くなったり、

使っているウェブサービスが終わることになったり。

 

あとは、無意識的に自分でいろんなことをブッタ切り始めます。

伸ばしていた前髪をバッサリ切ったり、

ずっとなんとなく続いていたことをスッパリやめたり。

 

無意識・意識

自主的・偶然

色々ですが、とにかく「身辺整理」みたいなことがたくさんありました。

 

 

そんな、ここ数ヶ月でした。

 

やめられるものはやめて、なるべく身軽になりたい気分です。

 

 

 

さて、今日は木曜日です。

今日と明日、会社に行くと、

あとは有休消化期間となり、このまま退職の予定です。

 

ひょっとすると、私の人生において、

最後の「会社員生活」となるかもしれません。

 

新卒で就職してから、3年と2ヶ月。2つの会社で働きました。

 

たくさんの出会いがあって、

知らなかった広い世界もあって、

驚くようなルールとか、

考えられないような常識もありました。

 

とても、感謝しています。

人と、環境と、チャンスと、経験に。

 

きっと、たくさん迷惑をかけたでしょうし、

現時点では私が気付けていない人の優しさもあったでしょう。

 

 

とても、感謝しています。

それまでの「食べさせてもらう」「学ばせてもらう」学生

としての存在から、「自分で選んで生きて行く」社会人として、

格段にステージがアップしたようで、私は幸せでした。

 

一人暮らしを始めたり、引っ越したり、

実家にもどったり、色々ありましたが、

どれも、良かったです。

 

 

なんだか、このタイミングで、

私の人生が一区切りのような気がして、

今日はこんなブログになっています。笑

 

 

まるで、遺言書のようですが、ある意味でそうです。

「私は幸せでした」と。

 

毎日、私のブログは、「今日死ぬかもしれない」私の

ちょっとした遺言書です。

 

 

そして、そろそろ、

次のステージに行く(であろう)私の、

これまでの私の最期、でもありますので。

 

 

 

来月、2017年6月以降のことは、よく分かりません。

とくに、何をするか、もまだ決めていません。

 

でも、なんとなく、なんか、大丈夫なような気がするのです。

 

かの有名な「根拠のない自信」です。

 

 

つまりは、何よりも強い、揺らぐことのない自信です。

 

 

「みんな」はどうしているのだろうか。

「みんな」幸せにしているだろうか。

「みんな」これからの人生に感動しているだろうか。

 

私は、今日も元気です。

 

浅井つくえ