2017年6月から無職です。

森内美実 (旧ペンネーム:浅井つくえ)

このブログがきっかけで始めたこと、これからの発信の設計についての備忘録です。

浅井つくえです。

 

社長に「会社を辞めたい」と言って、

辞められず、丸井のトイレで泣いたあの日。

 

その日をきっかけに、

2017年4月17日に始めたこのブログですが、

約1ヶ月の間に色々なことがあって、

気がつけば今日、「会社の送別会の日」となりました。

 

この1ヶ月の経緯に興味を持ってくださる方は、

ぜひ最初の投稿から遡って、読んでみてください。

 

 

このブログも、初めは誰も見ていなかったのに、

気がつけば昨日は20を超えるアクセスがあって。

 

星をつけてくださる方も、ありがとうございます。

嬉しいです。

 

 

さて。

 

今日は再出発のお知らせです。

 

というのも、このブログのおかげで、

「森内美実」としてまた活動をしていく覚悟が決まったからです。

 

再出発の気持ちについては、森内美実のアメブロに書きました。

「再出発の心」もう一度、四畳半から始めます。|四畳半のシンデレラ by 森内美実

 

 

 

今後、森内美実のアメブロと、浅井つくえのはてなブログ

住み分けをどうするか、

考えているのですが、決まらないので

ひとまずこのまま放置です。笑

 

どちらにしても、このはてなブログ

「私が会社を辞めるまでの記録」なので、消さずに置いておきます。

 

しかし、はてなブログが見やすいはてなユーザーさんと

アメブロが見やすいアメブロユーザーさんがいるじゃないですか。

 

だから、どうしようかな。笑

 

最終的には、先日立ち上げたワードプレスのホームページに

集約するつもりなのですが、いかんせんこれが進まない。笑

 

私、デザインみたいなの、あんまり得意じゃないみたいですね。

簡単にかっこよくなるテンプレートを導入したのに、

ちょっと色をいじっただけで気持ち悪くなりました。

 

まだまだ見せられるような状態ではないのですが、

この際恥ずかしがっても仕方がないので、URLを貼っておきます。

https://mimimoriuchi2.com

 

そのうち、日をおいて、覗いてみてください。

きっとカッコよくなっていると思います。

 

ワードプレスいじれる人、本当にすごい。

得意な人にお願いしようかな。。。

 

 

 

今の状況の備忘録ですが、

 

入り口として、

はてなブログ(浅井つくえ)

twitter(森内美実)

アメブロ(森内美実)

facebook(森内美実)

・会った人

 

これらから、「ワードプレス(森内美実)」に集合!!

という設計でイメージしています。

 

そしてそこから

・メルマガ(森内美実)←new! 昨日発行申請した

で配信、な感じですね。

 

youtubeもやろうかな。

 

やりすぎ?

飽き性だからさ。いろんなことやりたくなっちゃうんだよね。笑

 

どちらにしても、このはてなブログ

ガサガサと書き進められる「雑記ブログ」な感じが気に入っています。

 

 

日記代わりみたいな。

 

 

 

 

 

それで、話は戻って、今日の

「会社の送別会」の件です。

 

ランチ送別会です。営業メンバーだけ。

短い期間しか働いていないのに、こんな風に

していただけるのは、ありがたいことですね。

 

 

だから、今日のランチの送別会が終わったら、

いよいよ、もう会社とはほぼ関わらない人間になります。

 

 

昨日、物件の内見をして申し込みをしてきたので、

早ければ週末お引越しです。

 

 

5月末まで、一気に整っていく感じがします。

 

今日が、マヤ暦の「始まりの日」みたいな日で、

明後日が、双子座の新月らしいです。

 

そんな、感じです。

 

 

 

連絡をしなきゃと思っていた

保険屋さんからたまたま連絡がきました。

保険、どうしようかな。

 

こちらも考え中。

 

 

 

ちなみに、私の「考え中」というのは、

「放ったらかしておく」に近いです。

 

テストで初めのほうに分からない問題があったら、

ひとまずそのまま置いといて先に進みなさい。

あとで戻ったら、答えがひらめいたりするから。

 

っていう、あの教えに近い感じです。

脳が、勝手に答えを探しておいてくれるらしいです。

 

ちなみに私は理系です。

高校までは化学と物理をやっていました。

それで、大学で心理学に進んだ人間です。

 

脳とか、宇宙の話も大好きです。

そのあたりのお話はまたおいおい。

 

 

 

またおいおい。

 

 

浅井つくえ